ニュース

更新日時:2017年6月22日

世界ランキング1位「鈴木亜弥子」

6月18日付けで世界バドミントン連盟(BWF)から発表されたランキングにより、【女子シングルスSU5】で、鈴木亜弥子が世界ランキング1位になりました。

鈴木亜弥子(すずき あやこ)プロフィール
1987年生まれ 埼玉県出身
七十七銀行所属

右腕に先天性の機能障がいがあり、肩より上げることができない。家族の影響で、小学3年生でバドミントンを始め、中学、高校、大学でもバドミントン部に所属。
関東中学生バドミントン大会ダブルスで優勝、高校ではインターハイ団体戦ベスト16、全日本ジュニアバドミントン選手権大会でダブルス準優勝など、健常者の大会で輝かしい成績を残す。
パラバドミントンに転向したのは、大学3年生の時。
2010年のアジアパラ競技大会での優勝を最後に現役引退したが、2020年東京パラリンピックでバドミントンが正式競技になったことで、2016年から5年ぶりに復帰。
復帰から1年ほどで、世界ランキング1位に上り詰めた。
現在のクラスは、上肢障がいSU5。

【戦績(シングルス)】
・2009 パラバドミントン世界選手権(韓国) 優勝
・2010 アジアパラ競技大会(中国) 優勝
・2016 アイルランド パラバドミントン国際大会 優勝
・2016 インドネシア パラバドミントン国際大会 優勝
・2016 パラバドミントンアジア選手権(中国) 準優勝
・2017 タイ パラバドミントン国際大会 優勝
・2015※・2016年度 日本障がい者バドミントン選手権大会 優勝
 ※2016年2月に開催